ぺたんこ配送 

6月から 郵便局の定形外郵便にも

3cmの壁ができました。

 

日本全国ほぼ重量制限のみの お得で簡単な配送料金が

複雑な種類になって・・・困っています。

 

 

そこで!

海外の一部ショップでは行っている模様の

ぺたんこ配送を してみることにしました。

ふとん圧縮袋の仕組みと同じです。

羊毛は復元力があるので 案外元に戻ります

綿系などは 糸自体に弾力がないので 元に戻りにくいものがありますが

そこはご勘弁くださいね。

 

 圧縮しました

_MG_3132

3センチ幅に収まっています。

_MG_3135

このまま1週間放置してから カット!

_MG_3136

出してすぐは 扁平です

_MG_3137

半日放置すると ほぼ前の形に戻りました!

_MG_3139

ウールは弾力性のある素材ですので このように元に戻ります。

コットン系などは 完全には元に戻りませんので ご容赦くださいね。

なお かせの糸は ねじりかせをほどいた状態で圧縮いたします。

 

圧縮することで2玉までは 値上げせずに配送できそうです。

なお 2玉まではすべて圧縮になります。

そのままの状態が良い!という方は 3玉上でお買い求めくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

※3玉以上で 格安にはなりませんか?

という件につきましては 専用袋が割高になりますので(専用袋が必須なので) 申し訳ないのですが 2玉まででお願いいたします。

編み込みは楽しい♪ 『井桁模様の靴下』 できました

できた!『井桁模様の靴下』 あるいは なんちゃって ブルーフルーテッドもどきの靴下。 オリンピック記念の オリジナルパターン ボツのぶんを編みました。 同じ糸の残り糸です。編み込みって楽しい♪ image 見えてませんが 足の裏もびっしりあみこんであります(でもほぼ同じ柄)

 

和柄がキーだったんですけど 井桁って 和柄か?ておもうほど ノルディック方面によく出てきますよね。 まぁ 単純だし 不変な編み込み柄 っていうことで 和柄はあとづけでもOKで。

 

最近は 編む人のさいずにあわせるのに楽な方法を考えていましたが これは公開しないつもりだったので ジャストサイズで かなりでっかいパターンです。 かんたんにサイズ変更もできるようにしましたが ちゃんと書こうかどうか 考え中。

 

 

今回 いま一番好きな糸で編んだんですけど 両方共 すごく伸縮するタイプの糸なんです だから こういう編み込みにぴったりなんだわ❤ 一般的な糸でなくてすみません。 lifestyleの方は Quince & Co.の Finch に似た感じです(わかりにくいな) もちっとして のび~るのですよ。92g使用しました。

Penne Minimum

f:id:atti:20160626134843j:plain

短いタイプの靴下パターンを出しました。

Penne Minimum です。

free ですので どうぞお試しください。

※Ravelryのアカウントがなくてもダウンロードできます

日本語ですが 編み図はありません。文章でかいてあります。

www.ravelry.com

 

Ravelry の project ページをつくろう!

編み物のSNS Ravelry 活用していますか?

パターン検索だけって方 多いとおもいます。

 

でも せっかく登録したのでしたら

無料ですから 積極的につかいましょう。

 

まず 検索したパターンを 編むとしましょう

それでは スタートです。

まず パターンページを出しましょう

右肩に cast on って書いてあるところがありますから

そこをポチッとおします。

pr1無題

そうすると 小窓が出てきます。

プロジェクト名はコレで良いですか?と聞いてきますので そのままぽちっとします(後で変更できます)

 

PR2

 

そうすると 名前はパターン名のままの アナタのプロジェクトページが出来ます。

PR3

 

このプロジェクトページを変更したり書き込む場合は 鉛筆マークを押すと

書き込みが出来るようになります。

PR4

 

コレでご自分用のプロジェクトページができました。

 

もし 手持ちの糸などを登録している場合は use stash yarn を選ぶことによって

自動で残り量を管理できます。

 

まだまだ ありますが 本日はプロジェクトページの作り方でした。

他の作り方もありますが 一番簡単な方法です。

ぜひ 活用してくださいね。

足型を作りましょう!

靴下を編む というのが最近の編み物業界では ブームになってきました。

 

うれしいですよね♪

 

でも・・

なぜか市販の編み物本には そのまま編んだら巨大な靴下になるんじゃありませんか?

な パターンばかりで 閉口します。

 

 

もともと 日本の編み物の世界では 平面図に数字を書き入れた

編み図 という特殊なものが存在し、

一目瞭然で わかりやすい しかも記号は統一されているので

表さえあれば 何とかなる ものです。

 

 

ただし・・・

日本の編み図には ほとんどサイズ展開がありません。

サイズ展開をすると 表はなんパターンも作らないといけないし

複雑になってしまうし、もともと糸のメーカーなどとタイアップして

作っていますから 売りにくいわけですね。

 

そんなこんなで 1サイズの編み図の本が出ているわけですが

日本の編み手さんって とてもきつく編むようなんです!

一般的なソックヤーンを80目検討で編む って ずるずるの靴下が編めてしまいませんか?

 

海外の靴下本から習った私の常識では Sサイズは60目くらいなんですよ。

日本の靴下本の 摩訶不思議なこと。

 

という前置きはさておいて

靴下を編むとき サイズ感がとても重要です。

私が靴下を編むきっかけになったことに ブーツを脱いだ時に

一緒に脱げない ウールの靴下がほしい ということがありました。

 

そうです サイズの合ってない靴下ばかり 購入して履いていたわけです。

海外の靴下本を見ながら編んでいると 必ず目に入る文字があります。

それは 踵まで▲cmになったら とか つま先まで●cmになったら

という 次のきっかけになるポイントでした。

そこで 毎回足の裏に定規を当てていましたが うまくいかないので

(靴下は伸ばした状態で履くので)足型を作ることにしました。

 

IMG_2016

 

きっちり 足の周りをトレースします。

 

IMG_2020

 

こんな風にトレースできたら 厚手の紙に写します。

 

IMG_2026

 

一番長さのあるところに線を書き入れ 真ん中にしるしをいれます(マチのスタート基準にします)

つま先、かかとから1cm刻みで 印を入れておきます。

 

IMG_2025いつも編む人の足型はコレクションしておくと 実際に足がなくても おおよそぴったりに編めるようになります。

 

足型に当てて確認するときは 必ず引っ張って当てましょうね!(コレ重要)

靴下は伸ばして履くものだからですよ。

 

 

靴下用の付け替え針 レポ

当ショップの取り扱い針 Hiyahiyaの付け替え針に

新しく 細径が出来ました。

 

 

2.0mm、2.25mm、2.50mm の3種類が追加されました。

コードなどは専用サイズが必要です。

細かい部品は今からのようですが試してみました。

 

IMG_1951

100cmコード(ピンクのです)でつま先を編んでいます。

比較のため 80cmの輪針(付け替えではないタイプ)を一緒に並べてあります。

 

針サイズは同じです。

 

IMG_1952

コード接続部 針が細いので コードとの差が少なく 案外スムースに編めます。

 

IMG_1953

上が今回の細径のもの

下はSタイプ(5.0mmまでの付け替え用)

 

IMG_1954

ネジ部分の拡大。

 

針が長いので マジックループの方限定ですが コレ つかえますね。

SSサイズ としてshopにちょこっとだけ入れました。おいおい部品なども揃ってくると思います。細い糸で編むウエアにもいいんじゃないでしょうか?

早くストッパー、ジョイントアダプター類がそろうといいなぁ。

 

伸縮しない糸こそ ネットバッグに最高。

ネットバッグできました。 去年夏糸を捜す時に 見つけたしっかりして伸びないキレイな糸。ネットバッグを編んだら かなり使えるってことがわかったので もう少し大きめなのを編みました。

image

物を入れるとだらーんて だらしなくなりますが 

まぁこういうところがいいってことかな?

image

パターンは最初のほうを見て編んでいますが 途中からは勝手に変更。上端は伸びないようにI-cordBOで 取っ手は別に5目のI-cordで 綴じ付けましたが 拾い目したほうが良かったかも。

 SECOND 2玉で編めました。